薬剤師で差がつく製薬会社求人募集・転職情報サイトランキング

薬剤師で差がつく製薬会社求人募集・転職情報サイトランキング

こちらのページでは、薬剤師の製薬会社お仕事探しで失敗しないために求人情報掲載数、年収アップ成功率、入社後の満足度や、就業希望者の口コミ・評判などから総合的に評価したランキング1-5位を公表しています。いずれもインターネット対応している薬剤師募集・紹介サイトなので、リンク先の公式ホームページから24時間いつでもメール問い合わせ・WEB登録が可能です。参考にお役立てください。

リクナビ薬剤師

薬剤師 求人 製薬会社

【事業者名】 株式会社リクルートドクターズキャリア
【選ばれる理由】 リクルート社の薬剤師専用求人サイトで総募集件数が35,000件以上。その内、75%が好条件の非公開求人で、初めての転職・ブランクありの転職も安心して行える。資格取得などのキャリアアップ支援、託児所完備などの育児・家庭との両立を支援、18時退社などのプライベート充実も選べ1位を獲得。
薬剤師 求人 情報 製薬会社

 

マイナビ薬剤師

薬剤師 募集 製薬会社

【事業者名】 インテリジェンス会社
【選ばれる理由】 「マイナビ」というブランドで転職業界の大手企業が運営しているため、求人・求職双方からの信頼が厚い。正社員だけでなく契約社員やパート・アルバイト勤務など就業形態が柔軟。年収アップなど、就職・入社時などの条件交渉に強いという理由も高評価に繋がり当サイトランキング2位を獲得。
薬剤師 募集 情報 製薬会社

 

エムスリー(M3)

薬剤師 転職 製薬会社

【事業者名】 エムスリーキャリア株式会社
【選ばれる理由】 常に常時8,000件以上の安定した転職求人求人情報を保有し、マツモトキヨシ、スギ薬局、サンドラッグなど全国展開しているドラッグストアから、地域の薬局・薬店など希望に沿った勤務先を紹介してくれるので満足度が高い。サービス・サイトは東証一部上場企業が運営しており、その信頼性も高い評価に繋がり3位。
薬剤師 転職 情報 製薬会社

 

薬剤師転職ドットコム

薬剤師 就職 製薬会社

【事業者名】 株式会社メディウェル
【選ばれる理由】 公的・私的病院の経営改善業務や病院・医院のM&A業務および事業継承支援業務、会員情報誌の発行など医療業界に特化した事業を展開する東証上場グループ企業。求人票に載らない職場の雰囲気や、人間関係なども知ることができる。サポートも充実していることから4位を獲得。
薬剤師 就職 情報 製薬会社

 

クラシスのヤクジョブ

薬剤師 採用 製薬会社

【事業者名】 クラフト株式会社
【選ばれる理由】 2013年オリコン顧客満足度ランキング転職・人材紹介会社医療系部門で第一位に選ばれる。さくら薬局を運営している企業が母体だから安心感に定評がある。また、同サービスに正式登録を行うとスキルアップ他、宿泊施設やホテルディナーなど会員限定の特別優待が人気となり5位。
薬剤師 採用 情報 製薬会社

 

 

薬剤師としての経験やスキルを積み重ねたいという方に人気があるのが製薬会社です。製薬会社は勤務年数を重ねるごとに年収が上がる傾向があります。キャリアアップを目指す場合にも製薬会社での実績があるとより高い年収や年俸で働くことができます。製薬会社や関連会社では管理薬剤師や治験コーディネーター(CRC)、臨床試験モニター(CRA)、医薬品情報担当者(MR)、医薬品の営業(MS)などが募集されています。

 

製薬会社で勤める場合のお給料は年収600万円が目安になりますが、あくまで勤務年数や経験に左右されることになります。長く在籍すると次の転職先を探す場合にも有利になりますし、スキルアップのために製薬会社ばかりを何回か転職しているという方も多いです。製薬会社では新薬の開発やそれに関わる臨床試験、治験、新しい医薬品の販売など幅広い場面で薬剤師が求められています。中途採用の正社員募集もありますし、企業によってはパート職員を募集していることもあります。

 

製薬会社勤務は薬剤師業界の中でも高収入になっていますが、残業が多い、激務だという声もあります。しかし給与面で高く評価される場合が多く、経験を武器に好待遇の職場を探しやすくもなります。初めて製薬会社の求人に応募する方も薬剤師としての勤務実績が数年あれば問題ありません。薬剤師専用の転職・就職支援サイトではプロの目線からしっかりとアドバイスをもらうことができますよ。サイトはスマホ(スマートフォン)対応になっているのでとても便利です。

 

薬剤師として転職の道を選ぶ人にとって人気の求人はやはり製薬会社でしょうか。実は薬学生の就職先で人気であります。理由は高給であるという事が大きいと思います。では仕事内容はどうなのでしょうか?製薬会社へ就職というと、薬の研究のみかと思われがちですがそうではありません。学生からしてみると研究職は狭き門なのです。製薬会社の求人で多いのがMRと呼ばれる医薬情報担当者という仕事です。いわゆる自社の薬を病院の医師を相手に売り込む営業マンですね。将来的に管理職を狙うのであれば薬剤師の知識以外に経営的理念をしっかり備えておくことが重要です。