OTC薬剤師で差がつく求人募集・転職情報サイトランキングこちら

OTC薬剤師で差がつく求人募集・転職情報サイトランキングこちら

こちらのページでは、OTC薬剤師のお仕事探しで失敗しないために求人情報掲載数、年収アップ成功率、入社後の満足度や、就業希望者の口コミ・評判などから総合的に評価したランキング1-5位を公表しています。いずれもインターネット対応している薬剤師募集・紹介サイトなので、リンク先の公式ホームページから24時間いつでもメール問い合わせ・WEB登録が可能です。参考にお役立てください。

リクナビ薬剤師

薬剤師 求人 OTC

【事業者名】 株式会社リクルートドクターズキャリア
【選ばれる理由】 リクルート社の薬剤師専用求人サイトで総募集件数が35,000件以上。その内、75%が好条件の非公開求人で、初めての転職・ブランクありの転職も安心して行える。資格取得などのキャリアアップ支援、託児所完備などの育児・家庭との両立を支援、18時退社などのプライベート充実も選べ1位を獲得。
薬剤師 求人 情報 OTC

 

マイナビ薬剤師

薬剤師 募集 OTC

【事業者名】 インテリジェンス会社
【選ばれる理由】 「マイナビ」というブランドで転職業界の大手企業が運営しているため、求人・求職双方からの信頼が厚い。正社員だけでなく契約社員やパート・アルバイト勤務など就業形態が柔軟。年収アップなど、就職・入社時などの条件交渉に強いという理由も高評価に繋がり当サイトランキング2位を獲得。
薬剤師 募集 情報 OTC

 

エムスリー(M3)

薬剤師 転職 OTC

【事業者名】 エムスリーキャリア株式会社
【選ばれる理由】 常に常時8,000件以上の安定した転職求人求人情報を保有し、マツモトキヨシ、スギ薬局、サンドラッグなど全国展開しているドラッグストアから、地域の薬局・薬店など希望に沿った勤務先を紹介してくれるので満足度が高い。サービス・サイトは東証一部上場企業が運営しており、その信頼性も高い評価に繋がり3位。
薬剤師 転職 情報 OTC

 

薬剤師転職ドットコム

薬剤師 就職 OTC

【事業者名】 株式会社メディウェル
【選ばれる理由】 公的・私的病院の経営改善業務や病院・医院のM&A業務および事業継承支援業務、会員情報誌の発行など医療業界に特化した事業を展開する東証上場グループ企業。求人票に載らない職場の雰囲気や、人間関係なども知ることができる。サポートも充実していることから4位を獲得。
薬剤師 就職 情報 OTC

 

クラシスのヤクジョブ

薬剤師 採用 OTC

【事業者名】 クラフト株式会社
【選ばれる理由】 2013年オリコン顧客満足度ランキング転職・人材紹介会社医療系部門で第一位に選ばれる。さくら薬局を運営している企業が母体だから安心感に定評がある。また、同サービスに正式登録を行うとスキルアップ他、宿泊施設やホテルディナーなど会員限定の特別優待が人気となり5位。
薬剤師 採用 情報 OTC

 

 

OTCとはオーバー・ザ・カウンタードラッグの略語になります。薬局やドラッグストアなどで販売されている医師の処方箋無しで購入できる一般用医薬品のことを指しています。一般医薬品は薬剤師などがアドバイスを行うことで一般の方が自分の判断で薬を購入、使用することができるものです。OTC薬剤師とはドラッグストアやスーパーの中で調剤を行わず市販の薬の販売を担当する薬剤師です。

 

OTC薬剤師は業界未経験の方やブランクのある方もチャレンジしやすい職場になりますが、ドラッグストアでの仕事はお店に置いてある商品すべてに対応しなくてはいけない場合もあります。また症状からどの薬を飲めばいいのかアドバイスを求められることも多く、調剤薬局とは違い幅広い接客を含むお仕事になります。医薬品によっては文章を用いて対面でお薬の情報を説明しなくてはいけませんから、ドラッグストアでは常に薬剤師が常駐しているような環境が求められています。

 

そのためOTC専門の薬剤師は求人数が多く、転職までのスピードはとても早くなっています。時給は2,000円前後となっていますし、パートやアルバイト薬剤師ですとシフト制で働くことができるためブランクのある主婦(主夫)の方にも人気があります。薬剤師専門の転職・就職支援サイトでは全国各地の好待遇、好条件求人がたくさん揃っています。スマホ(スマートフォン)にも対応していますから、転職を考えているという方は一度チェックしてみてくださいね。
転職を希望する方のための求人募集をみてみると、ドラッグストアでのOTC販売業務が増えてきています。OTCはドラッグストアで簡単に手に入れられる薬なので、比較的安全性が保証されているわけですが、先天性の病気をお持ちであったり飲み合わせの悪い薬を飲んでしまうと大変危険な副作用を引き起こしてしまうことにもなりかねません。なので、薬に対して何も知らない人が簡単に購入してしまうのを防ぐために適切な商品をおすすめできる薬剤師を求めています。とはいっても事実、大学在学中に教えてくれなかった方も多いようです。もし、OTCに詳しければ薬剤師転職の道はさらに広がることでしょう。