薬剤師で差がつく病院求人募集・転職情報サイトランキング

薬剤師で差がつく病院求人募集・転職情報サイトランキング

こちらのページでは、病院薬剤師のお仕事探しで失敗しないために求人情報掲載数、年収アップ成功率、入社後の満足度や、就業希望者の口コミ・評判などから総合的に評価したランキング1-3位を公表しています。いずれもインターネット対応している薬剤師募集・紹介サイトなので、リンク先の公式ホームページから24時間いつでもメール問い合わせ・WEB登録が可能です。参考にお役立てください。

マイナビ薬剤師

薬剤師 求人 病院

【選ばれている理由】
◎利用者満足度5年連続No.1
◎豊富な求人紹介数(平均19.3件)
◎職業紹介優良業者認定を取得

○アドバイザーが親身と高評価
○納得のいく転職・就職サポート
○無料登録時に特典プレゼント
薬剤師 求人 病院

 

薬キャリ

薬剤師 募集 病院

【人気の理由】
◎転職登録者数No.1
◎エムスリー(m3)グループが運営
◎最短即日・最大10件の求人紹介

〇希望にマッチした新着求人メール配信
〇求人紹介・条件交渉など全て無料
〇通勤30分以内など細かな条件設定可能
薬剤師 募集 病院

 

薬剤師転職ドットコム

薬剤師 転職 病院

【人気の理由】
◎プレミアム非公開求人多数
◎利用者の満足度95.8%
◎東証一部上場企業が運営

○全国五千件の医療機関ネットワーク
○求人票では不明瞭な情報の提供
○マッチング度の高い求人案内
薬剤師 転職 病院

 

 

病院に勤務している薬剤師は病院薬剤師と呼ばれています。病院薬剤師は入院患者の治療などに使われる薬や外来診察に訪れた方に処方される薬を準備することが主な仕事です。病院薬剤師は幅広い知識と判断力、コミュニケーション力が求められる仕事になっています。特に大きな総合病院や市立病院、国立病院などでは同時にいろいろな診療を受ける方が多く、それぞれの処方せんの内容を確認し、飲み合わせに問題が無いか判断する大切な役目もあります。

 

病院薬剤師は医療施設の規模によって違いがありますが、月給は25万円から35万円くらいになっています。病院が公立の場合は薬剤師についても公務員になるため給与はもう少し高いです。病院薬剤師の場合、ドラッグストアなどとは違い夜勤をしなくてはいけない職場もあり、正規職員(正社員)の他に非常勤職員、パート薬剤師などが募集されている場合もあります。入院無しの病院では土曜日は半日、日曜日や祝日は休みといった場合が多いです。

 

病院薬剤師は幅広い知識はもちろん、周りのスタッフと連携して業務を行うことが必須になります。中途採用者の場合ですと薬剤師として実務を経験した方が求められている場合がほとんどで、しっかりとした研修が無い場合もあるため実務経験のないペーパー薬剤師の方は少し敷居が高いかもしれません。しかし一言に病院といってもいろいろな診療所やクリニックがあるため一度薬剤師専門の転職・就職支援サイトを活用して求人内容をチェックしてみるのがおすすめです。サイトはスマホ(スマートフォン)にも対応していますし、プロのアドバイザーがサポートしてくれるのでとても便利ですよ。

 

薬剤師の資格をお持ちの方が転職先として検討する仕事は、ドラッグストアや薬局や病院などがありますよね。この中で医療の最先端で働け、専門性を高められるのは病院勤務となります。医薬品の調剤を基本として、製剤や医薬品の管理・情報管理も任されるばかりだけではなく、薬剤の管理を指導する業務などもありますので、薬剤師としてのスキルアップにもつながります。また、病院勤務の場合、調剤室のみで業務するだけにとどまらず、病棟で入院患者への服薬指導や、飲む薬の簡単な知識・飲み方・副作用などの説明も求められます。医師とも連携して薬物治療に取り組まなければいけないので、チーム医療の一員ともいえますね。