薬剤師で差がつく病院求人募集・転職情報サイトランキング

薬剤師で差がつく病院求人募集・転職情報サイトランキング

こちらのページでは、病院薬剤師のお仕事探しで失敗しないために求人情報掲載数、年収アップ成功率、入社後の満足度や、就業希望者の口コミ・評判などから総合的に評価したランキング1-5位を公表しています。いずれもインターネット対応している薬剤師募集・紹介サイトなので、リンク先の公式ホームページから24時間いつでもメール問い合わせ・WEB登録が可能です。参考にお役立てください。

リクナビ薬剤師

薬剤師 求人 病院

【事業者名】 株式会社リクルートドクターズキャリア
【選ばれる理由】 リクルート社の薬剤師専用求人サイトで総募集件数が35,000件以上。その内、75%が好条件の非公開求人で、初めての転職・ブランクありの転職も安心して行える。資格取得などのキャリアアップ支援、託児所完備などの育児・家庭との両立を支援、18時退社などのプライベート充実も選べ1位を獲得。
薬剤師 求人 情報 病院

 

マイナビ薬剤師

薬剤師 募集 病院

【事業者名】 インテリジェンス会社
【選ばれる理由】 「マイナビ」というブランドで転職業界の大手企業が運営しているため、求人・求職双方からの信頼が厚い。正社員だけでなく契約社員やパート・アルバイト勤務など就業形態が柔軟。年収アップなど、就職・入社時などの条件交渉に強いという理由も高評価に繋がり当サイトランキング2位を獲得。
薬剤師 募集 情報 病院

 

エムスリー(M3)

薬剤師 転職 病院

【事業者名】 エムスリーキャリア株式会社
【選ばれる理由】 常に常時8,000件以上の安定した転職求人求人情報を保有し、マツモトキヨシ、スギ薬局、サンドラッグなど全国展開しているドラッグストアから、地域の薬局・薬店など希望に沿った勤務先を紹介してくれるので満足度が高い。サービス・サイトは東証一部上場企業が運営しており、その信頼性も高い評価に繋がり3位。
薬剤師 転職 情報 病院

 

薬剤師転職ドットコム

薬剤師 就職 病院

【事業者名】 株式会社メディウェル
【選ばれる理由】 公的・私的病院の経営改善業務や病院・医院のM&A業務および事業継承支援業務、会員情報誌の発行など医療業界に特化した事業を展開する東証上場グループ企業。求人票に載らない職場の雰囲気や、人間関係なども知ることができる。サポートも充実していることから4位を獲得。
薬剤師 就職 情報 病院

 

クラシスのヤクジョブ

薬剤師 採用 病院

【事業者名】 クラフト株式会社
【選ばれる理由】 2013年オリコン顧客満足度ランキング転職・人材紹介会社医療系部門で第一位に選ばれる。さくら薬局を運営している企業が母体だから安心感に定評がある。また、同サービスに正式登録を行うとスキルアップ他、宿泊施設やホテルディナーなど会員限定の特別優待が人気となり5位。
薬剤師 採用 情報 病院

 

 

病院に勤務している薬剤師は病院薬剤師と呼ばれています。病院薬剤師は入院患者の治療などに使われる薬や外来診察に訪れた方に処方される薬を準備することが主な仕事です。病院薬剤師は幅広い知識と判断力、コミュニケーション力が求められる仕事になっています。特に大きな総合病院や市立病院、国立病院などでは同時にいろいろな診療を受ける方が多く、それぞれの処方せんの内容を確認し、飲み合わせに問題が無いか判断する大切な役目もあります。

 

病院薬剤師は医療施設の規模によって違いがありますが、月給は25万円から35万円くらいになっています。病院が公立の場合は薬剤師についても公務員になるため給与はもう少し高いです。病院薬剤師の場合、ドラッグストアなどとは違い夜勤をしなくてはいけない職場もあり、正規職員(正社員)の他に非常勤職員、パート薬剤師などが募集されている場合もあります。入院無しの病院では土曜日は半日、日曜日や祝日は休みといった場合が多いです。

 

病院薬剤師は幅広い知識はもちろん、周りのスタッフと連携して業務を行うことが必須になります。中途採用者の場合ですと薬剤師として実務を経験した方が求められている場合がほとんどで、しっかりとした研修が無い場合もあるため実務経験のないペーパー薬剤師の方は少し敷居が高いかもしれません。しかし一言に病院といってもいろいろな診療所やクリニックがあるため一度薬剤師専門の転職・就職支援サイトを活用して求人内容をチェックしてみるのがおすすめです。サイトはスマホ(スマートフォン)にも対応していますし、プロのアドバイザーがサポートしてくれるのでとても便利ですよ。

 

薬剤師の資格をお持ちの方が転職先として検討する仕事は、ドラッグストアや薬局や病院などがありますよね。この中で医療の最先端で働け、専門性を高められるのは病院勤務となります。医薬品の調剤を基本として、製剤や医薬品の管理・情報管理も任されるばかりだけではなく、薬剤の管理を指導する業務などもありますので、薬剤師としてのスキルアップにもつながります。また、病院勤務の場合、調剤室のみで業務するだけにとどまらず、病棟で入院患者への服薬指導や、飲む薬の簡単な知識・飲み方・副作用などの説明も求められます。医師とも連携して薬物治療に取り組まなければいけないので、チーム医療の一員ともいえますね。